全国の小学校に英語講師を派遣・紹介いたします

 株式会社サクシードでは、全国の小学校を対象に、「小学校英語補助教員(英語専科教員)」として、
一定の英会話スキルを有した英語講師の派遣・紹介サービスを行っております。

サービス提供の背景

2020年度より、小学校の3年生から英語が必修化、5年生から教科化されることが決定しています。
 これに先立って、2008年度からは小学5~6年生を対象とした外国語活動の時間が取り入れられ、小学校への英語教育の導入は、以降も段階的に進められてきました。

  多くの小学校では、日本語を母語とする担任の先生が授業を主導し、英語のネイティブ・スピーカーであるALT(外国語指導助手)がその補助をするという形で英語の指導が行われています。しかし、「英語があまり得意ではない担任の先生」と、「日本語があまり得意ではないALT」との間で意思の疎通がうまく行かず、結果として思う通りに授業が進められない、という問題が起こっています。

 他にも、「英語を指導するための力が不足している(現職の小学校教員は英語の教授法を学ぶ機会がなかったため)」、「通常の授業に加えて、英語の授業の準備をする時間が確保できない」といった未解決の課題が山積しているのが、小学校の英語教育の現状です。

 そうした悩みを解消してくれるのが、「小学校英語補助教員(英語専科教員)」の存在です。小学校英語補助教員は、「英語力」と「指導力」を兼ね備えた人材で、嘱託教員・外部講師・非常勤講師といった形で学校組織内に配置され、担任とALTのコミュニケーションを仲介し、時に指導についてアドバイスを行い、より円滑に、かつ効果的に授業が行えるようサポートします。


 「英語の授業を行ったり、補助教材を考えたりするのが難しい」「ALTと上手く会話ができない」「とにかく授業を手伝ってくれる人がほしい」
…そんな悩みをお持ちの先生はぜひ、“その道のプロ”を活用することをご検討ください。

「教員免許×英語力」サクシードの小学校英語補助教員派遣・紹介サービスの特長

☆教員免許保持者、J-SHINE認定資格保持者、集団塾講師経験者などの教育者が多数登録

 サクシードは、創立からの事業として「家庭教師の派遣」「塾やプリスクール等への非常勤講師の紹介」などを継続して行っており、全国85000人以上の教育者との繋がりを持っています。その中には、小学校教諭免許・幼稚園教諭1種免許・保育士資格など、教育に関する公的な資格を有する者、学校や塾などでの実務経験を持つ者が多数います。自分の資格や能力を活かせる仕事を求めている者、教員採用試験を目指して勉強中の者も多く、小学校で働く教育者として、適切な人材を派遣・紹介することが可能です。

☆十分な英語能力を備えた人材が多数登録

 サクシードは、インターナショナルプリスクール、児童向けの英会話教室、英語専門の塾など、「英語」に重点を置く多数の教室と人材派遣・紹介の契約を結んでいます。また、インターナショナルスクールに通う生徒さんや、帰国子女のための家庭教師派遣も行っています。従って、そうした顧客の需要に沿う人材の確保には手間を割いており、英語に強みを持つ人材のストックが豊富です。

ご要望をお聞かせ下さい

貴校には、どのような人材が必要ですか?

サクシードなら、資格・スキル・経験等を指定して人材を派遣・紹介することができます。


例えば…

・TOEIC850点以上
・英検準1級以上
・「小学校英語上級指導者」資格保持者
・海外留学経験1年以上
・海外在住3年以上
・英会話講師の経験あり
・中学校の英語の教員免許を持っている


さらに細かい条件でお探しすることも可能です。


例えば…

・英検1級以上で、小学校の教員免許を持っている者
・TOEIC700点以上で、学校or塾での実務経験がある者
・帰国子女等で、ALTとのコミュニケーションが十分に取れるだけの英語力を持っており、かつ児童に関わる仕事に従事したことがある者
・児童向けの英語教育に詳しく、教材などの提案ができる者 等々

きめ細やかなフォロー体制で、英語教育に関するお悩みを解決します

 「どれくらいの能力がある人材を用意すればよいのかわからない」といった計画段階でのご相談から、「外部講師の導入で教員の負担がどれだけ減るか」といったご質問まで、外部指導者の導入に関する深い知識を有する担当者が、きめ細やかにご対応いたします。サクシードでは、予算獲得~導入~効果測定まで、英語補助教員の活用をトータルにサポートいたします。


 お電話・メール・FAXなどで、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせはこちら

学校への人材支援サービス