人材支援サービスのサクシード

教育DX推進について、
このようなお悩みはございませんか?

  • 教育DXについて、まず何から始めれば良いかわからない
  • 教育DXを進めたいが、どのような人に依頼すれば良いかわからない
  • 以前教育DXのサポートを依頼したが、要望とマッチせず思うように進まなかった
  • タブレットや電子黒板を導入したけど、どう活用すれば良いかわからない
  • 授業を動画で配信したい
  • オンライン授業ができるようにしてほしい
    …など

 サクシードでは、教育現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)を進めたいと
お考えの小中学校、高等学校等に丁寧にヒアリングをして、
上記のようなお悩みに合わせた最適な教育DX推進人材をご紹介します。

※教育DXとは…デジタル技術を活用することで、教育現場の構図を変革し、先生と子どもたちにとってより良い教育環境をもたらすこと

サクシードの強み

教育分野に特化した人材支援事業の会社なので

  • 学校・教育現場のDXに携わったことのある人材をご紹介します

  • 学校・教育現場に理解のあるスタッフが丁寧に対応します

 サクシードのコーディネーターは、何度も学校への「ICT支援員」「プログラミング講師」「情報科教員」等の人材紹介の実績があり、教育DXについて理解があります。「教育現場のICT環境整備の設計や、ネットワーク整備の手配ができる人材」「システム・セキュリティ運用設計できる人材」といった、教育DXに関する様々なニーズにスピーディーに対応可能です。

下記のような人材のご要望にお応えします

  • 教育現場のDXに携わったことがある
  • 教育現場に理解があり、教育現場のICT環境整備の設計ができる
  • インフラ工事会社の選定も含めたネットワーク整備の手配・調整・納品ができる
  • 学習システムの運用設計・支援・導入・運用サポートができる
  • セキュリティの運用設計・支援ができる

ポストコロナ時代の高等教育「Plus-DX」

 教育DX化の波は、小中・高等学校だけではありません。2021年度より、文部科学省の新施策、「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン(Plus-DX)」がスタートしました。Plus-DXにより期待されるのは、AI技術による「個人の能力に応じた適切な学生データの管理」や、デジタル環境を取り入れることによる「学びの質の向上」です。 GIGAスクール構想が掲げられながらも、授業中にICTを活用して指導する力、生徒のICT活用を指導する力に自信の無い教員が多いのが実情です。(教育の情報化の現状と今後の方向性)教育大学での教育DX化が進むことにより、ICT活用指導力の高い教員の育成に繋がることが期待されます。

引用:教育の情報化の現状と今後の方向性
https://www.soumu.go.jp/main_content/000605717.pdf

引用:「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」実施機関の決定について
https://www.mext.go.jp/content/20210311-mxt_senmon01-000013151_1.pdf

ポストコロナ時代の教育に、サクシードができること

 緊急事態宣言の発令によって、通学や対面での授業が非常に困難となり、コロナ禍の前と後とで、学びの環境は大きく変化しました。ポストコロナ時代における教育現場の最大の課題は、オンライン受講の環境を早急に整えることでしょう。ポストコロナ時代において教育DXがもたらす最大の恩恵は、誰もがオンライン受講を利用できることによる「環境に左右されない教育」なのです。2018年度から本格的にスタートした教育のICT化は、2021年現在まだまだ黎明期であり、今後より一層、教育DX推進に特化した人材が求められそうです。

サクシードでは、SDGsに積極的に取り組んでいます。教育DX推進は、SDGs「質の高い教育をみんなに」へのゴールに必要不可欠な要素です。 サクシードでは、教育DX推進人材の確保を支援することで、子どもたちの「学びの質の向上」と、「環境に左右されない教育」の賛助になれば幸いです。

このページのTOPへ